カテゴリー: 未分類

生地にこだわる、デザインにこだわる

ツーウェイオールの魅力は、使い勝手の良さという点に留まりません。デザインの良さについても楽しめるのがツーウェイオールの良さになります。女の子用、男の子用、それぞれデザインが充実していて、初めての衣服を可愛く着させてあげられます。また豊富なデザインと共に特筆すべきは、使用されている生地をしっかりと選べるという点です。赤ちゃんのお肌はとってもデリケートなもの。少しでもお肌に負担がかかってしまうと赤みが出てしまうもので、肌トラブルを防ぐためにも良い生地のウェアを選んでいく必要があります。種類も豊富なツーウェイオールならば、お肌に合わせて好みのデザインのものを選べるので、機能性と共に利点として挙げられるのです。

赤ちゃんちなみにベビーウェアに使用される生地には、代表的なコットンを始め、フライスやスムースなどがあり、肌触りも異なります。ポイントになるのは触った時の質感、天然素材が使用されているか否か、吸水性や通気性が高いかどうか、保湿性はどうか、そして厚みがあるかどうかという点です。特に吸水性と通気性については寒さ、暑さに通ずるところがあるため気にしておかなければなりません。赤ちゃんは着ている服が肌着とベビーウェアだけであるということを忘れず、季節に合わせてウェア選びを進めてみてください。また、ウェア選びであれば、新生児肌着・ベビー服通販サイトを見れば、どのような形があるのかチェックをすることができます。参考にするといいでしょう。

ツーウェイオールはなぜおすすめ?

沢山の新生児福数あるベビーウェアの中でもツーウェイオールが選ばれる理由は、なんと言ってもその使い勝手の良さにあります。ツーウェイオールは股下でセパレートしているベビーウェアですが、内股のラインに沿ってボタンや留め紐が付いており、外しておけばスカートのように使うことも可能です。またボタンを留めておけばズボンのように脚回りをしっかりと覆ってくれるため、寒さが気になる季節も暑さで汗が滲む日もどちらにも対応が可能な作りになっており、季節を選ばずにこれ1つあるだけでカバーできてしまうのが大きな利点と言えます。

赤ちゃんは定期的にオムツを取り替えてあげなければなりません。したがってスカートのように股下が無いウェアの方が使い勝手が良いというものです。ツーウェイオールならば股下のボタンを留めずにフリーな状態にしておけば、オムツの取り換えについても楽々行うことができます。このようにツーウェイオールには機能的な便利さも魅力として挙げられるのです。手が離せない赤ちゃん、それでも家事もしなければならないとなると、オムツの取り換えといったちょっとした手間でさえも簡略化したいものですが、ツーウェイオールはまさに手間を省く画期的なベビーウェアに仕上がっているのです。

新生児服にはどんな種類がある?

二人目ならばまだ勝手も分かるかもしれませんが、初めての新生児服の場合には分からないこともたくさんあると思われますので、まずはどのような新生児服の種類があるのかについて見ていきましょう。ベビー服の種類は多彩、どれも着て悪いということはありませんが、種類によっては使い辛さを感じてしまう可能性がありますので、購入前にはよく調べておくことをおすすめします。

赤ちゃん新生児服の種類は肌着とウェアの2種類に分かれており、肌着には短肌着と長肌着、コンビ肌着とボディスーツ、ウェアにはツーウェイオールとベビードレス、ロンパースがあります。肌着とウェアのどちらも似たようなものですが、一般的には肌着を着た上にウェアを着ることになり、丁度大人で言うところのインナーとアウターのような関係になります。肌着は文字通り肌に密着する新生児服で、吸汗性や通気性、保湿性の高さが求められるのに対し、ウェアは肌着の上に着ることになり、デザインも多彩で比較的可愛いものが多いという特徴があります。どちらも重要ですが、肌着は特に毎日着ることになりますので、素材にこだわりたいところです。ウェアの場合は着脱時の利便性を求める傾向にありますが、部位によっては肌と擦れることもありますので、素材と便利さを兼ね備えたものを選ぶ必要があります。

新生児服は種類が多くて分かりづらい!

初めて服を着る赤ちゃんには、親としてやはり良いものを着てもらいたいと願うものです。健やかな成長を願いベビーウェアを選びたいものですが、調べてみると種類がたくさんあって、用途も分かりづらい、こんな経験をされているまっ最中だと思われます。そんなお悩みを解決するために、まずは新生児服の基本的な役割について見ていきましょう。

ツーウェイオール赤ちゃんが着る新生児服は、大人が思っている以上に重要な役割を担っています。新生児服は基本的に体温を調節してあげる役割と、外部からの刺激をシャットアウトする保護の役割を担っています。赤ちゃんは体温調節がまだまだ未熟な上、また暑かったり寒かったりしても自分でそのことを親へ伝えられません。お母さんお父さんは、そんな赤ちゃんの姿を逐一確認して手助けしなければならないわけですが、その際に新生児服が助けになるわけです。赤ちゃんの体温を適切に調節してあげること、これこそが新生児服が担う大きな役割となります。肌着でもベビーウェアでも同様に体温調節がメインの役割となりますので、その点だけは履き違えないように注意し、その上で服を適切に選んであげてください。

とにかく種類の多い新生児服。当サイトでは肌着やベビーウェアがなぜ必要なのか、また人気が非常に高いツーウェイオールの魅力について解説していきます。どのような理由によって人気を博していて、またどのようにベビーウェア選びを進めていけば良いのでしょうか。